WEBライティング技能検定の申し込み【案件紹介の優遇】

ニュース一覧

業界で重宝される存在に

女性

検定試験は月一の開催

WEBライティング技能検定は国家資格でこそありませんが、業界から高い支持を受けている検定試験です。その証拠にWEBライターを募集し、記事を書かせているクラウドソーシングサイトの多くがWEBライティング技能検定合格者に対する優遇施策を取っており有資格者を歓迎しています。クラウドソーシングの特性上、相手の顔が見えないので、相手がどの様な人でどの程度のスキルを持っているかクラウドソーシング業者側も分からない状態で記事やコンテンツ制作の依頼を行なっています。その点、WEBライティング技能検定がある事で最低限のライティングスキルを持っている事が分かるので、依頼がしやすくなるのです。せっかくであれば腕の良いWEBライターに書いて欲しいのは依頼者側の本音なので、WEBライター志望者は積極的に活用するのが良いでしょう。なお、WEBライティング技能検定は月に一回の頻度で行われるので、仮に初めての試験が不合格で終わってしまっても、また直ぐに挑戦が行えます。一般的な資格試験などの場合、年に一度のみの開催となりますが、一年後に再試験となるとモチベーションの低下は否めません。月一であれば頭の中も整理された状態で再び試験に望めるので効率的と言えます。2015年から2018年までの合格率は50%前後と決して簡単な検定試験ではありませんが、WEBライターとして必要な知識や技術を学べるので積極的に活用をして行きましょう。